上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アムステルダム名物、
それは自転車。





古い自転車






のんびり観光、なぁんて
おっとり構えてたら
危ない、危ない。

暴走チャリダーが
びゅんびゅん行きかう。




- more -

スポンサーサイト
夕暮れの街
ゆっくり走る観光船。






観光船






浮いているのは
ゴミではなく氷です。


- more -

じっと座って動かない
あなた。私と踊ってみない?





shall we dance1




と誘っているかのような
冬の木。


- more -

(すみません、upする時は一気で・・・^^;)

ご主人様まだかな。






春待つ街角






早く戻ってこないかな。
春をつれて。




(写真は12月5日撮影です)



四角いお家が
続きます。







アムス散歩







観光地なのですが、意外と
物産店よりもギャラリーやアトリエ風の
店が多く軒を連ねており、
歩くのが楽しい裏通り。



おしくらまんじゅう
押されて泣くな!








紅白ビル合戦





紅勝て!
白勝て!





運河の周りを
彩る自転車たち。






Circle of Friends






でも川で我が物顔に
泳いでいるのは・・・



- more -

紙コップを逆さにしたような
屋根が可愛い川辺の家。






運河の街2




川じゃなくて
運河ですね^^



- more -

オランダ物産展のウィンドー?
青いレースの
ボンネットが可愛い*^^*






牛とチーズと自転車と






側を自転車がぴゅーん!

注意、注意・・!












ゴッホ美術館から国立美術館への
道はトラムで一駅ですが、歩いて
行ける距離です。






国立美術館





ほおら、もう着いた。







- more -

アムスは路面電車の街。
これに乗れば街中
どこへでも。










トラム1






行けるはず、
たぶん・・・。



- more -

あら、こんな季節に
ひまわりが!






ひまわり








温室育ち?
いえいえ、造花です^^;



- more -

さて、年配の米国婦人について
来たのがここ、ゴッホ美術館。
お陰さまで、道草せずにすみました^^;





ゴッホ博物館



意外と近代的な施設。
奥に見える国立美術館とは
対照的な建物です。


ご一緒させて頂いた姉妹の
ご婦人方とはここでさようなら。



- more -

アムスは運河の町。
と言っても同じ水の都、ヴェニスとは
随分趣が違います。


写真いっぱい撮りた~い♪









アムスの運河







あ、アカン!

そないなことしよったら
観光でけへんよぉになる。


と言うことで、同じ宿に宿泊の
アメリカのご婦人方に
付いてゆく事にしました。




窓を見下ろせば・・・





窓から1





本当はブレブレの大失敗。
でも捨てがたくてソフトフォーカス
掛けてみました。


単なる自己満足です^^;




- more -

夜も更けてようやく
最終目的地に到着。





B&B1




ほっとするね。




- more -

旅のお供に
ピンクのマカロン。








電車のお供2






日本で見かけるのは
ちいちゃくてお上品ですが
こちら本場のは結構大きくて
色も濃い。(甘い)




- more -

(どんどん更新します^^)


モンマルトルからメトロ
乗り継いで北駅へ。

荷物を引き取って待つこと
一時間強。





タリス1




ようやく整って、

バックパッカーたちも、






- more -

森永の天使みたいな像。
もう一度見たかったのに
館内で迷って辿り着けず
外へ出てから見つけた。








天使の夢










天井のアーチが好きだったけど
照明が現実的過ぎますね。

切るべきだったかな。


またまた前後、というか
時間をさかのぼって
ルーブル駅入り口。











metro louvre1






19世紀な地上に
21世紀な地下。



- more -

♪Strike a pose♪







voque






街中、至る所が
ファッションショー。





先ほどと同じく
前後しますが、
お昼前の街角です。







雪舞うカフェで









こうして椅子もテーブルも
並んで待っているのに









- more -

ちょっと戻りますが
モンマルトルの丘を
上り詰めたところ。







モンマルトルの丘の上






夏は胡麻饅頭のように
人で溢れかえっているのにね!




- more -

雨は次第に小降りになって
霧雨に変わる。





薬屋






滑りやすいよ
気をつけて。



- more -

にょきっ!





手








突如壁から手が!?






- more -

ただいま





お帰りなさい






お帰り




お家でゆっくり






友と集えば
冬の日もまた楽し。






La Bonne Franquette






ガイドブックでお馴染みのレストラン。
通りの突き当たりに見えるピンクの建物はラパン・アジル、
由緒あるシャンソニエ。











- more -

積もった雪を雨が溶かし
石畳の坂道はつるつる
気をつけないと、
すってんころりん。







君といつまでも






ペンギンのように歩いた後、
マダムはムッシュゥに合流。

次から次へと恋が芽生える
パリ。長年連れ添った二人
ではないかもしれないけど、
末永くお幸せに










客はまだか?






まちぼうけ







雨はつらいよ。

サクレ・クールのお膝元は
画家達の集う場所。

今は、もう、観光客相手が
ほとんどだけど。







サクレクールの見える街角








それでも、やっぱり
この雰囲気が好き。

- more -