上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二月末から凡そ半年に
渡り紹介してきたベニスのカーニバル
写真ですが、ここで一区切り。

ここまでお付き合いくださった方
ありがとうございました。


私が写したのは
ホンの一部。

クライマックスは
帰国後のことでしたので
写せていません。

それでも、
少しは
カーニバルの雰囲気
感じてもらえたらいいな。



~・~・~・~・~・~・~



≪写真で綴る旅行日記≫

<旅・北イタリア>

<ベニスの仮面カーニバル>

<旅・クロアチア>


クリック!





The man from the dream







「ネットなんか見てないで、
現地に来い!」




- more -

スポンサーサイト
「目は口ほどに物を言う」
と昔のひとはいう。

だけど、その目は
仮面の下に。こんな時は
口元で語ってもらおう。







Man in the Mask monochrome2






私が写すと「ハイ、チーズ!」の
記念写真になってしまうんだな~。


「日の丸写真は良くない」とのことで
はずしてみたけれど、反対に目が泳ぐ感じ。


プロと思しき方の作品を拝見すると
意外や意外、被写体ど真ん中の
日の丸構図多数。

絶対にダメ!
と言うのではないみたい。



<プロ?ハイアマチュア?と思われる方が
写したカーニバル風景はコチラ>




- more -

昔からよく言う、
カメラをぶらぶら
ぶら下げて歩くのは
日本人だけですって?!






カメラマンがいっぱい




母曰く、
テレビが普及したころ
「一億総白痴化」
言われていたらしい。

今や60億
総写真家化!


- more -

せっかくベニスに来たのに
仮装者のおっかけばっかりして
肝心の観光をしていない!


雨宿りも兼ねて、ドゥッカーレ宮殿に
入りました。しかし、鉛色の空より暗い
宮殿内。時代が古いということと
生活の場ではなく政治の場だったから
仕方ないのかもしれません。

あまりの重苦しさに、
お隣のサンマルコ寺院に
入ればよかったと後悔。

(お寺は前回訪れたので
今回は宮殿にしたのです)



サンマルコのルミナリエ



外はやっぱり
降ったり止んだりの
雨模様。


- more -

日が暮れたら
仮面もお休みよ














沢山の思い出を
目に焼き付けて



- more -

お祭りの熱気に
幽霊達も静かになんて
寝てられない













心霊写真?!


- more -

その人は、飛び込んできた
ファインダーの中に












仮面の貴婦人を写させてもらおうと
カメラを構えていると、すうっと
立ち止まり、じっとこちらを見つめる。

慌ててシャッターを切ると、
また、すうっと人込みの中へ
消えて行った・・・。



強い視線で
じっと
見つめられて









口よりも雄弁な目

- more -

宇宙からの使者が
手招きしている












使者ではない、
女王様とお呼び!


ははー!


- more -

地球観光の
記念に撮影
エイリアン













元は可愛いピンクのドレス。

仮面の不思議さを
出したくて、あえて
モノクロに。



- more -

マリー・アントワネットほどではないけれど
ふんわりドレスのお方が通る。








熟年貴族





明るく可愛い色でも
落ち着いた雰囲気の
熟年カップル。


大奥のお局様みたい。




- more -

豪華なドレスを纏った
貴婦人が向こうから歩いて来る。
大勢の取り巻きに囲まれて。


あ、私にも撮らせてください!








その女性は、こちらを振り向き
クスっと笑って、人混みの中に
消えて行った・・・


一瞬のことで、しかも50ミリ単焦点
レンズを使用していたこともあり、
豪華なドレスまでは捉えきれず。

このカツラから想像してね。


近ごろは
騎士もケータイが
放せないようで






Venice Calling ケータイ貴族




i phone?

ささやきに
じっくり耳を傾ける
大人の恋








Careless Whisper




往年の映画のイメージで


- more -

男は背中で語るというけれど
女の背中は・・・?







後姿 トイカメラ風





雨空見上げて
貴婦人誰想う


- more -